<< SOLO再結成後初のインタビュー映像2+3 | main | SOLO再結成後初のインタビュー映像1 >>

アーセナル雑感

2011.03.09 Wednesday | by garahebi
- CLバルセロナ戦終了後の感想。
シュート0本。これがすべてだろう。回せるけど打たない、打てないというのは長年言われている勝ちきれなさの原因だが今回ほどはっきりと数字で出ることは珍しい。
ファンペルシーの二枚目のイエローカードという審判の判断は明らかに冷静さを欠いたものだったが、敗因はそこだけではなかったので実はあまり責めるつもりにならない。試合が壊れるきっかけとなったのは確かだが。
セスクのらしくない低い位置での軽率なパスミス~の失点、前につられ過ぎて背後のスペースを付け込まれたクリシーなどある程度敗因として納得のいくポイントがところどころにアーセナルにはあった。
(センターバックの二人とシュチェスニーの怪我で急きょ入ることになったアルムニアの三人はよくやった方だとは思うけど…)
とにかく終わったことだ。CLは終わった。ローマを撃破したシャフタールでのエドゥアルドの活躍は祈りたいが、アーセナルとしては、次の試合がもう週末に控えている。シュチェスニーは指の脱臼という話でしばらくは戻ってこられないようだ。アルムニアが昨年のファーストチョイスの意地を見せることに期待するほかない。怪我明けを押して出場したロビンも起用は難しい。
だがこういう時こそ優勝を狙うチームは選手層の厚さが問われる。シャマフ、アルシャビン、ベントナーと、今日スターティングで起用されなかったメンバーには特に期待している。

- セスク、あんまりしょいこむな。
あれだけ低い位置でオサレなパスを敢行してしまい、それをバルサにかっさらわれるという、最初の失点のきっかけとなるミスをしてしまうなど、大一番でらしさが見られなかったセスク。
試合後「サポートしてくれているみんなありがとう。この試合の結果は全て僕の責任だ。謝るよ。」とtweetしている。
正直なところあのミスがかなり流れを変えてしまったし、たらればの発生するポイントだったが全てではないことはみんな知っている。

- べンゲルさんちのお買い物
ドルトムントの注目株、Kevin Grosskreutzをアーセナルのスカウトが視察している、とDaily Star Sundayが報道したとか。
ただドルトムントとは2014年まで契約が残っているので実際に獲得に踏み出すかは不明。

スポンサーサイト

2018.07.09 Monday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Sponsored links
Blog Rankings
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
↑ブログランキングに参加中です。応援の意味で一日一回どれかクリックしていただくと嬉しいです。下の四つはボタンに書いてあるカテゴリの別ブログのリンク集に行けますよん。でもたまには帰ってきてね☆
         
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM