<< Jay-Z feat. Alicia Keys / Empire State Of Mind | main | プレミアリーグ: アーセナル 対 トッテナム >>

"Michael Jackson's This Is It"のネタバレなしガイド。

2009.11.01 Sunday | by garahebi
ようやく観て来ました。映画『Michael Jackson's This Is It』。
まず言っておきたいのですが…

エンディングのスタッフロールで帰ったらダメですよ!ダメ、絶対。
(さすがに三日目以降ともなればこういった情報が浸透しているのか二、三人を除いてみんな残っていました。あと終わった後にじわじわと拍手が起きたのも素晴らしかったです)

少しでも彼の音楽が好きな人へ
さっさと行って下さい。(笑)
後でもう一回行きたくなってもDVDがでるのは来年ですよ!

BadツアーはテレビでしたがDangerous, HIStoryツアーは幸運にも東京ドームで体験できた自分でも、おお、あの曲がこんなことに!という演出や演奏の進化を目撃できましたし、これまでどんな映像でもリップシンクでしか見たことがなかったある大ヒット曲を、まんまの歌声でライブで再現していることに驚かされました。この曲はライブで歌えないわけじゃないんだ、と。謳い文句にもあったような、これまで見たことのないMichael Jacksonのステージが確かに体験できます。
また、噂されていたステージ用の新作映像の数々も想像以上にしっかりと観ることができます。間に合わせで作りました、とかいうレベルではなく、とんでもない作りこみっぷりです。

リハーサルを観ることにお金を払う価値があるんだろうかと躊躇する方へ。
ファンの過剰な金切り声やら大歓声がない分、レベルの高いミュージシャンの演奏が細部まで確認でき、楽器を少しでもやる人にとってもかなりの興味深い内容になっているはずです。噂や伝聞でしか知られていなかったMichael Jacksonという人物の音楽的なセンス、耳の良さについて確認できる、バンドのメンバーとのやりとりは実に興味深いものとなっています。
特に、最近のエントリで取り上げたスタジオ内でのエピソードでも語られていた、音の高さや強弱などをミュージシャンにそっくり歌って指示するというMJ流のアレンジ方法の具体例が映像として収められているのが貴重です。(百戦錬磨のミュージシャンが彼の提案を完全に信頼している様子からすると、彼の歌っている音がその場所には本当に適切なんだと思います)
また、演奏なしの状態でMichaelが歌うシーンがいくつかあるんですが、気をつけないと目から鼻水(?)が出ちゃう人もいるかもしれないぐらい美しい瞬間があります。静寂の中で彼の声だけが響くという状況はリハーサルならではというところでしょう。

音のバランスを考えると、座席は可能な限り真ん中を取った方がいいと思います。また、近くにあればですが、IMAXシアターの選択も考慮に入れていいと思います。

・ダンスに興味がある方へ。
バックダンサーのオーディションの模様も収録されています。どれだけ選りすぐられたメンバーなのかが分かりますし、世界最高峰レベルのダンサー達の動きは必見です。群舞に関してはLockingがベースになっていて、各ジャンルをミックスした振り付けになっていてユニークです。
まあ、そのダンサーたちと同じ振り付けを、彼らの父親ぐらいの世代である50歳の中年男が率先してこなすところは、もう驚くのを通り超して笑えてきます。(実際にダンサーたちがステージ下からMJが踊る姿を見て子供のようにキャーキャー言ってる姿が見られます)

・昔は好きだったんだけどねー、と躊躇されるオールドファンの方へ。
見た目は結構変わりましたが、後半にThriller時代の曲をその当時まんまの歌声で披露します。正直自分も驚きました。歌えるんですよ、やっぱり。ヴォーカリストとしてあの当時のままの表現力を保っているのでそれを体験するだけでも価値はあると思います。

・オルテガってよく分からんし怪しいぞ、という人へ。
今作の監督、ケニー・オルテガを正直ちょっと胡散臭いオッサンだと思っていましたが、ステージ上でのやりとりなどを見ると、本当にMichael Jacksonという存在の良さを引き出す方法を心得ているな、と感心しました。そういう意味でも同じ思いの人は見てください。

・あの女性ギタリストが気になる同志へ。
オリアンティーちゃんは今、業界でも注目のギタリスト/シンガー。ステージ映えする見た目だけで選ばれたわけじゃないんです。先だってのギターマガジンのMJ特集でも書かれていたと思いますが、Michaelのギタリストの選考センスはかなり的確だと言われています。そんな彼女の演奏は映画の中でも結構しっかりとチェックできます。
(先代のギタリスト、ジェニファー・バトゥンや、デュエットもこなしたサイーダ・ギャレット等コーラスやバンドのメンバーもかなり代替わりをしていますが、これまでのメンバーも数人残っているのでそこらへんも確認してみて下さい)

※注意
パンフレットはありません。ないです。
たまたま見に行った映画館が寂れてるからとかではなく、方針により映画専用のパンフ、チラシ、ポスターは一般用に生産されなかったようです。なんで同名のインスパイアード・サウンドトラックに写真が沢山つけられているのか、なんでやたら売れているのか、だいたいこれで分かりますよね?^^;
グッズに関しては映画を見た直後に行くとショップが混雑するので上映回の合間に買っておくなどの対策をするのがいいと思います。

以上、迷っていらっしゃる方の背中への一押しとかガイドになれば幸いと思って書きました。
ご拝読に感謝。m(__)m

スポンサーサイト

2017.10.24 Tuesday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
マイケル・ジャクソン“This Is It”:キング・オブ・ポップはキング・オブ・エンタメ
今更アップ!(笑)。鑑賞したのは公開週の週末でしたが、最近ダラダラしてるので、後でいっかー後でいいやーと思ってたら、こんなに経ってた…orz。って事で!マイケル・ジャクソン THIS IS IT - オフィシャルサイトを観てまいりました。 映画の詳しい鑑賞方
  • Lotus Weblog?
  • 2009/11/11 3:03 PM
Sponsored links
Blog Rankings
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
↑ブログランキングに参加中です。応援の意味で一日一回どれかクリックしていただくと嬉しいです。下の四つはボタンに書いてあるカテゴリの別ブログのリンク集に行けますよん。でもたまには帰ってきてね☆
         
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM