<< ライブ雑感: Flying Lotus @ Sonic Mania 2018 | main | [90’s音源デジタル購入ガイド(仮)]しすた 4 All the Sistas Around da World >>

ライブ雑感: Jorja Smith @ Summer Sonic Tokyo 2018

2018.08.19 Sunday | by garahebi

赤が眩しい衣装に長髪を後ろでまとめて颯爽と登場。歌い出し1音目からもう音源のイメージ通りの声で歌えるタイプであることがわかりまず安心。
それにしても初めから歓声がすごかった。特に同性からの支持の高さを感じました。見た目のきれいさ、MCでがんばって日本語喋ってる時の声のかわいさ、ダンスのセクシーさはもちろんだけど、一番はあの若さにして自分はこうしたいというのが伝わってくるような、芯の強そうなところが魅力かな。
あとバンドのソロ演奏中にあっさりキーボード下のあたりにある段差のところに腰掛けちゃうのもいい意味での肝の据わったところを感じた。
On My Mindは極端としても、基本的に音源だと打ち込みが多いので、実はこれまでは何度聞いてもどこかその歌声に硬質な感触というか距離の遠さを感じていたのだけど、生バンドの音に対してはこの声がまあハマること!聞いていて耳に心地よいし、こちらの心にもちゃんと歩み寄ってくるというか、浸透してくるんですわ。 セットリストは基本的にはアルバム中心でシングルのみ音源を含めてオリジナル楽曲をふんだんに。Black PantherのサントラからI Amも。フジロックでのケンドリックもだったけど、新しい曲でもすぐにライブでやれるようにしなくては生き残れない時代なのかもしれない。そういった意味ではせっかく新譜も出してるのにライブでは定番しかやらないというベテランは、ファンの間ですらどんどん古い人の印象が濃くなっていく…
その中で印象に残ったものとして特に強烈だったのはTeenage Fantasy。生バンドの演奏に乗った時に彼女の歌声に力強さが増したように感じられた。もっとロック色の強いフェスに出てもこの曲は受けが良さそう。
そして以前スタジオでのパフォーマンス動画で見たことがあったTLCのNo Scrubsの、あえて捻らないカバーをこの場でも期待通り披露。
捻らないといってもそもそも声の持つ個性が強いから全然カラオケ風にならない。そういう強みがあるならカバーは他にも聞いてみたい。(場所によってはフランク・オーシャンのLostやルーサー・ヴァンドロスのNever Too Muchまでカバーしてるそうです)
シメのOn My MindではまずはゆったりとAcoustic版アレンジで歌い始めてから、いかにもリワインドさせたんですよという効果音を挟んでからのオリジナル版、と2度美味しい展開に我々ファンはもちろん大喜び。 アゲ切ったまま終わった展開は見事。初来日公演、名刺がわりのパフォーマンスとしては不足ゼロの完璧なものだったのではないかと思いました。


スポンサーサイト

2020.05.26 Tuesday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Sponsored links
Blog Rankings
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
↑ブログランキングに参加中です。応援の意味で一日一回どれかクリックしていただくと嬉しいです。下の四つはボタンに書いてあるカテゴリの別ブログのリンク集に行けますよん。でもたまには帰ってきてね☆
         
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM