<< Ms. Lauryn Hill @ One Live (2016/10/29, 横浜赤レンガ倉庫) | main | 今年度観たライブのリスト >>

スポンサーサイト

2017.03.09 Thursday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今年行った音楽フェスティバルについて、チケットの種別や印象等の覚書

2016.11.04 Friday | by garahebi

音楽フェスといえばロックフェス!…とも限らないよということで、今年行ったフェスの開催時期やチケットの種別や代金、それに簡単な印象などを来年の自分用にということで、書き留めておくことにしました。

ま、僕もそうですが、ロック・ファンと胸張って言えるほどは普段はロック聞かないけど、各種フェスに自分の好きなアーティストが出ていたので気になっている、という人もいると思うので、そんな人たちの次回以降の検討材料にでもなればいいかなとは思っています。

 

※各フェスの名前のところはクリックするとラインナップが確認できるリンクになっています。

 

----------

5/21+22、Greenroom Festival '16

会場:横浜赤レンガ倉庫広場(神奈川県)

 

・1日券 ¥9,800

・2日券 ¥17,000

 

メモ:

今年初めて行きました。

基本的には優遇された種類のチケットはなく、全部スタンディングという潔さ。

そんなわけで券種で迷うとしたら日付ごとのメンツの割り当てのみでしょう。

サーフカルチャーとは縁がない自分でも楽しめたのでそこら辺の心配はなし。

ラインナップ的にも変なミーハーさは薄く、普段から音楽を聴く習慣のある人が好きそうなメンツという印象で好感。

会場の赤レンガ倉庫の広場は芝が敷いてあるところがあるのでスペースがあれば座れますし、倉庫内のGalleryと称した室内会場は早めにいけば座席がありました。

 

------------

8/20+21、Summer Sonic Tokyo 2016

会場:幕張メッセ周辺(千葉県)

 

・1日券 ¥16,500
・プラチナチケット
1日券+プラチナ特典 ¥30,000
・2日券 ¥30,500

 

メモ:

今年も行きました。といっても3年目かな。

チケットで迷うとしたら、ずばりメンツと予算次第でしょう。

プラチナはパッと見は高いけど暑さを凌げたりシャトル使いやすかったりとそれだけの価値はありそう。

僕にとっては今のところは夢ですが…

「日本の○大ロックフェス」とかで括られてますが、実はポップミュージックもアイドルもJ-PopもEDMもファンクもR&Bも、と選択肢が非常に多く、かつ東京近辺からのアクセスもそこまで厳しくないという意味では実は間口が広い「総合音楽フェス」。

 

特にソウル/R&B好きにとっても近年のBillboard Live枠…に限らず興味を引くようなアーティストが結構出演するので、少なくともラインナップはチェックしておくべきだと思います。東京の方しかわかりませんけど、実はビルボード枠のアーティストのステージ割り当てはビーチやガーデンになりがちで、野外か〜と思われる方も多いと思いますが、あの枠以外だと、ちゃんと空調の利いた屋内のステージで今年はKINGThe JacksonsMayer Hawthorneが登場したので、そこまで心配しなくてもいいんじゃないかと思っています。去年だとD'Angeloね。

ま、野外は野外で明るいうちから外でお酒飲みながら盛り上がるもよし。

夕方以降は星空やそよ風の気持ち良さが格別です。

 

------------

9/17、Blue Note Jazz Festival 2016

会場:横浜赤レンガ倉庫広場(神奈川県)

 

・S指定席(※特典有) ¥26,000 /【当日券】¥27,000
・A指定席 ¥19,000 /【当日券】¥20,000
・スタンディング ¥10,800 /【当日券】¥11,800

 

メモ:

初めてだったのとベテラン組への興味がかなり薄かったので、とりあえずで安いスタンディングを買いました。

進行のスタイルとしては会場全体が鉄柵により3分割され、端っこにステージがそれぞれ設けられており、交互にアーティストがショーを行う。

Sは高いだけあってベテラン用のステージは座席付きで近距離から、若手用ステージは立ちっぱなしにはなるがスタンディング同様の距離で観られるエリアに移動が出来る。

スタンディングは若手中心に観られるステージが一番近いが、大物、ベテラン中心のステージからは最も遠いところで釘付けになる。

実際のところ、ベテラン組のステージは遠すぎて実物は豆サイズでした。モニターで見るのがメインになる。

今回はメンツ的に若手組だけに興味があったからまだマシ良かったですが、どちらも近くで見たいならケチらずS指定席、ということが学習できてよかったです。

なお、A指定席というのはどちらからも遠い配置で、どちらにも移動が出来ないらしい。…え、それってゴミじゃん。

配置や設定が変わらないなら来年以降も実質Sかスタンディングの2択でしょう。

 

--------------

9/18、Soul Camp 2016

会場:横浜赤レンガ倉庫広場(神奈川県)

 

・一般チケット ¥14,000
・VIP一般チケット ¥28,000

 

メモ:

ぶっちゃけるとVIP買わなきゃという理由が見えなかったです。

トイレもそんなに激混みということもなかったし。あ、女性の方は分からないですが。

VIP席の割り当てがそもそも少ないので、一般の立ち見の人とVIPの人とでステージからの距離の差は3mもなかった。

なお、全体的に売れなかったようで、後から当日券を発売することが発表された。

一般が15000でVIPが30000えん…

2日間だった昨年のものに比べて1日に縮小。当然出演アーティストも半分以下。

ステージ等の施設もほとんど前日のBNJFから流用…とどこか力の入れ方が緩くなったような印象は受けました。

メンツも後の方になってのJill Scottのアナウンスに驚かされるまでは第一弾からどこかズレた顔ぶれで、心さほど踊らず。

そのせいか休日なのに客入りがやや悪かったのが気になっています。

これ次あるのかな…やることに意義があるとはいえ興行ですからね。

 

 

--------------

10/29、One Live

会場:横浜赤レンガ倉庫広場(神奈川県)

 

・座席指定 ¥12,000
・立ち見エリア ¥9,800円

 

メモ:

新登場のフェス。が、あの客入りの悪さ、メンツの組み合わせの意味不明さ、座席の配置に対する配慮の薄さ、係員のもやしっ子選抜具合、と来年以降も続く気配がものすごく薄い。そういえばアーティストグッズの物販もなかったな。

結局開演までにチケットとコーヒーとキットカットをばら撒いたところまでが彼らのサービスの限界だったという印象。

大手なのにネスレさん大丈夫?と心配になった。

なお、出演アーティストにはまったく非はないので、本当にお疲れさまでしたと言う他なし。

もしも来年以降も続けるつもりなら、最低でも先述の問題点を全部改善しないと日本屈指のショボい音楽フェスとして有名になりそう。

 

チケットに関しては、終わったから言えるけど座席指定の一択だった。

立ち見エリアには、見る気がゼロだったKの出演時間中に見に行ってみた。

距離的にはBlue Note Jazz Festivalほどではないが、やはりステージから遠い位置で座席指定チケット用エリアとは柵で区切られており、実物の目視はやや辛い。しかもモニターが左右に一つずつしかなく、それもなぜか縦長。

 

意味が分からない。

 

確かに一人ずつのクローズアップにはいいのだけど、それ以外の使い道が分からない。

TLCの時もおそらく映像が流れていたはずなのだけど、ほんの一部しか映っておらず、何が映っている映像が流れているのかすらわからないありさまだったw 

 

 

-----------

…と、なんとサマーソニックを除いて全部会場は横浜赤レンガ倉庫広場でした。

最寄りのどの駅からも20分以内で到着するアクセスの良さを考えると定番になるんでしょうか。

近くに停泊する豪華客船や、帰りに見る夜景とかショー以外のお楽しみもあって好きなので、個人的には定番化は歓迎です。


スポンサーサイト

2017.03.09 Thursday | by スポンサードリンク

Comment
こんにちは。いつもブログ拝見させていただいております。僕はマイケルジャクソンやディアンジェロやホセジェイムズが好きな、大学1年の音楽ファンです。

今回はあるお願いがありコメントさせていただきました。
今年マイケルのデンジャラスが25周年であるため、デンジャラスのドキュメンタリーを自分で作っております。そこで、ネットで情報を集めていたところ、こちらのgarahebiさんのブログにたどり着きました。gearsultsのビル・ボットレルやテディーライリーのインタビューなど非常に貴重な情報を和訳なさっていたため、ぜひ僕のドキュメンタリーの一部にお借りさせていただきたく、コメントさせていただきました。僕は翻訳が上手にできるほどの英語力はなく、まして音楽の専門用語の出てくる文などはまったく読めないため、こちらのブログの情報は非常に貴重です。もちろん商用利用は致しません。完成したらyoutubeにアップするつもりです。その際、きちんとgarahebiさんの和訳であることも記しておくつもりです。お借りしたいのは、garahebiさんが2010年ごろに書いてらっしゃったMJ Studio Storyの9,15,16,17,18,20です。
もしgaraheniさんがよろしければ、使用させていただけないでしょうか。よろしくお願いします。
>tenpamichaelさん
すっかりお返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。
まずブログを読んでいただきありがとうございました。若いのに素敵な趣味をしていらっしゃる!

さて、古い記事ですし、今の自分から見てもかなりゆるい訳です。それでもよろしければどうぞ。(これを機に気が付いたところは直しておきます)
ソースとして使った記事のリンクをつけておいて頂ければ結構です。
  • garahebi
  • 2016/12/06 5:41 PM
ありがとうございます!
リンクの掲載、了解しました。
まだまだ先になりそうですが、完成したら連絡いたします。
  • tenpamichael
  • 2016/12/19 2:55 PM
Add Comment









Sponsored links
Blog Rankings
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
↑ブログランキングに参加中です。応援の意味で一日一回どれかクリックしていただくと嬉しいです。下の四つはボタンに書いてあるカテゴリの別ブログのリンク集に行けますよん。でもたまには帰ってきてね☆
         
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM