<< TLC @ One Live (2016/10/29, 横浜赤レンガ倉庫) | main | 今年行った音楽フェスティバルについて、チケットの種別や印象等の覚書 >>

スポンサーサイト

2017.03.09 Thursday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Ms. Lauryn Hill @ One Live (2016/10/29, 横浜赤レンガ倉庫)

2016.10.31 Monday | by garahebi

Ms. Lauryn Hillのライブ・パフォーマンスがあのSoul Campから1年後という比較的短いインターバルでまた観られるとは!昨年の終演直後の笑顔を見て、そのうち来てくれるかもしれないなとは思ったものの、これほどの間隔の短さは予想できなかった。やはり前回の来日中のオーディエンスの反応に何らかの手ごたえを感じていたのだろうか。

ともあれ今回の彼女の来日中の他の単独公演(今回はチケットの値段は常識の範囲内に収まっていた^^;)は平日開催。

とても行けそうになかったので、こういった土日に行われるイベントに出演を決めてくれたのは実にありがたいことだった。

前回はタイムテーブル通りに始まった彼女のパフォーマンスだったが、この日は1時間遅れでスタートした。

ただこれは彼女が悪いわけじゃなく、突然の大雨が原因だった。

今回彼女が登場したNescafeアンバサダー主催のOne Liveというイベント、天気予報では会場の赤レンガ倉庫のあるあたりは降水確率は10-15%となっていたのだけど、ふたを開ければトップバッターのCrystal Kayの時点からちょいちょい小雨が降る瞬間があった。休憩タイムとすることにしたKのあたりは大したことがなかったが、3番手の平松愛梨の時は例の「部屋とYシャツと私」が終わったあたりから結構な本降りになった。元からその曲聞いたらさっさと休憩に入ってしまおうなんて思っていたわけでもないのだけど、ちょっと気の毒なタイミングだった。周りのお客さんもとりあえず屋根のある倉庫の方へ退避。

その後に登場したTLCの時には雨はある程度はやんでいたので存分に楽しむことが出来た。

そしてこのイベントのヘッドライナーであるMs. Lauryn Hillのステージの時間がやってきたわけだが、ショーが本格的に始まるまでが大変だった。まず予定より10分ちょいほど遅れてDJが登場して例によってレゲエとヒップホップのクラシックスをプレイし始めたのだが、バンドが入ってくるよりも前に、それまではパラついていたぐらいだった雨が本格的な大降りになってしまった。

たまらずステージの上も下も退避モード。ステージ上の機材にはカバーがかけられ、しばらく再開はなさそうだという空気になった。このまま雨が降り続けたら、最悪の場合ローリンのステージは行われずに終わってしまうのかなと思っていたが、なんとご本人が待機し続けているとの情報がアナウンスされ、とりあえず自分たちは雨がある程度まで弱まることを祈りながら倉庫内で待機することになった。

果たして当初の開演時間から1時間遅れのタイミングで雨が止み、機材に掛けられた雨除けのカバーもすべて取り払われ、晴れて(?)ショーが再開される運びとなった。

------------

まさかまたDJタイムから再開するのか?という心配をよそに、まずバンドメンバーからがステージ上に上がってくれたのはありがたかった。ベースとサックスの奏者は半袖だったが寒くなかったのだろうか…?

昨年同様バンドが先行して演奏する中、スタッフに先導されてついにLauryn Hillが登場。

昨年は衣装がショーを構成する要素で唯一の残念なポイントだったが、今回のローリンはベージュのロングコートに黒のベレー帽という想像以上にクールな装いでまず安心した。でもその出で立ちはどこかブラック・パンサーのボビー・シールを連想してしまったり。考えすぎだろうけど別の意味でちょっと心配になってしまった。ただその軍人然とした佇まいは、例によって腕を振りバンドをぐいぐい引っ張りまくる振る舞いにやたらと似合っていたのも確かだった。

ただ、自分のいた席はステージ向かって正面からやや左にずれたところだったので、ローリンの顔はあまり直接拝むことはできなかった。理由としては、元からステージングとしてはスタンドマイクのところに立っている時は向かって右向きに立つことが多かったというのがあるのだけど、さらに今回はなぜかバンドメンバーの配置が妙にステージ中央に寄せた形になっており、ローリンが左右に動き回ることがなかったことが大きい。もちろんもっと長い時間をとっていればそういった瞬間もあったのだろうけど、今回はほとんどスタンドマイクのある中央から動かなかった。また、昨年同様バンドのメンバーに指示を出しまくっていたが、ほとんどがステージ向かって右側のメンバーに対してのものばかりだったのも影響した。

それでも左右の縦長のモニターでアップになる瞬間を確認することはできた。モニターを通してではあるが見ることが出来た彼女の顔は、メイクもバッチリでお世辞でもなんでもなく美しかった。

そして今回のショーでなによりもうれしかったのが、昨年のセットリストになかった曲が2曲も、それも冒頭から披露されたことだった。特にEverything Is Everythingは大好きなので1曲目から聞けたのがたまらなかった。この曲のライブ体験というと、これまで共作者でありオリジナルバージョンでピアノを弾いていたJohn Legendのショーでちらっと聞いたことがあるぐらいで、本人の歌唱で聞けるのは今回が初めて。相変わらずというかやや早めになるアレンジは入っていたが、思いのほか原型はとどめていたので、もうこの1曲だけでも満足してしまいそうになった。

ところがさらに続けてWhen It Hurts So Badまで披露されたのだから驚いた。

まあ、こちらはスローにしたり早くしたりと曲の途中で転調するなどいじりまくられてはいたのだけど…

その後は昨年のセットリストから主にソロ曲、それもMTV Unplugged 2.0Miseducation of Lauryn Hillの曲だけに絞って披露された。

コーラス3人と合わせた振付でのダンスタイムからFinal HourLost Onesの超高速パフォーマンスへと移行する流れも健在。

大きく変わったのがEx-Factorで、前回の踊りまくりのイントロが消えて、テンポもグッとオリジナル寄りに落としたアレンジに変わっていた。演奏も随分とメロウになり、これはしっとりと聞けて良い変化だった。

ただ、例のブリッジのところはなぜか以前と同じく早口というか詰込み型の歌唱のまんまだった…

70分ちょいと短いセットだったのもあるのだけど、Fugees時代の曲やBob Marleyメドレーのところを潔く削った分、こちらが聞き疲れてしまう瞬間が一度もなかった。フェス向けとしてかなりタイトで良いステージにまとまっていたと言える。

さらに、喉を長時間酷使しなかったからだろうか、締めのDoo Wopではやや高音なるところもある程度はちゃんとローリンが自分で歌っていて、声の通りも良かった。

終わってみれば、今回も安心して見られたし、総じて良いステージと言えるものだった。

今のMs. Lauryn Hillの状態が好調であることが再確認できたのは大きい。

…とかなんとか大げさなまとめをする必要はないかな、今回は。

どんな曲をやったかとかクオリティーがどうこうというよりも、今回に関してはあの大雨状態からショーが再開できるぐらいにまで天候が回復しただけでもう十分な状況だった。そして、もし始めから終わり時間が決まっていたのを無理やりやってくれてるのであれば、20分ぐらいで終わったとしても文句ないなと思っていたので、むしろたっぷりやってくれたと感じている。フェス向けのものとしてはかなり良いものを見せてもらえたと思っています。

そして、次があればまた見たい。出来れば屋根のあるところで、今度はもうちょっと長尺で。

Fugees時代の曲はさておき、やはりNina Simoneのカバーや の改訂版といった2015年以降、現在進行形のMs. Lauryn Hillの声を、この素晴らしいバンドの音を、また生で聞きたい。そう思わせる力強さと輝きが今のLaurynのステージには備わっている。


-------------

<Setlist>

1. Everything Is Everything
2. When It Hurts So Bad
3. (I Gotta Find) Peace Of Mind
4. Freedom Time a.k.a. War In The Mind
5. Mystery of Inquity
6. Final Hour
7. Lost Ones
8. Ex-Factor
9. Doo Wop (That Thing)


スポンサーサイト

2017.03.09 Thursday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Sponsored links
Blog Rankings
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
↑ブログランキングに参加中です。応援の意味で一日一回どれかクリックしていただくと嬉しいです。下の四つはボタンに書いてあるカテゴリの別ブログのリンク集に行けますよん。でもたまには帰ってきてね☆
         
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM