スポンサーサイト

2017.03.09 Thursday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


SANYO純正eneloop電池携帯ケースがいい。

2012.01.10 Tuesday | by garahebi
ついに出た!という感じですね。
SANYO純正エネループ乾電池の携帯ケース。
(もちろんエネループ以外にも使えますが)

外観、収納時のイメージは公式のこちらを見てください。

実はこれまではサンワサプライの似たようなものを使っていたんですが、こちらは
電池が縦方向に若干動くやや大きめのサイズになっていて、歩く時にカチャカチャ
と音が鳴ったのが難点でした。
一方、こちらは単三に限って言えば縦のサイズがピッタリに設計されているため、
ほとんどそういった音はしなくなっています。(無音とまではいきませんけど)

さらに下から三本分までの部分の仕切りにはくぼみが作ってあり、単四電池を
単三とは90度向きを変えて収納出来ます。ここがサンワサプライのものと一番違う点ですね。
まあ、こちらの難点は、5本目を入れる場合は単三の方に最後の一本を入れるので、
サイズが違って結局カチャカチャ鳴ることですかね^^;
(でも、単四に限らず乾電池を5本単位で普段持ち歩くかな?単四はあまり外に持ち歩いて
使うことが無いので分かりませんけど…)

とりあえず単三の持ち運びのために限ればこちらの方に軍配が上がりますね。
そんなわけで、これまで使っていたサンワサプライの方は自宅での収納用に回して、
外への持ち運びにはこちらを使うようにしています。

目安になるか分かりませんが値段は近場のビックカメラで200円だったと思います。

第四世代iPod touch+ポケットWiFi生活、一か月以上経過。

2010.11.28 Sunday | by garahebi
1. iPod touch購入。遅いぞ同期…
まず届いたその日から難題にぶつかった。
データの同期に異様に時間がかかる。iPodでもこれまでClassicやnanoを使ってきたのでその時間のかかり方には驚いた。まあ20GBぐらいの音楽+動画のデータをつっこむ感じだったのである程度は覚悟していたけど、それでも7,8時間かかったのは遅すぎるだと感じた。
とりあえず同期を手動にしたり、よく言われるアプリのキャッシュのクリアや、必要ないタイミングではバックアップをスキップしたり、といろいろ試したし、何度目かの同期からはさすがに時間は短くなってきた気はするんだけど、未だに大幅に音楽ファイルを入れ替える場合に遅さを感じる。
また、iPod touch(以下touch)を接続している間のPCでの他の作業もやたらと遅くなるのも辛いところ。もちろんこれはPC側にもなんらかの至らない点はあるのかもしれないが。ただ、ここらへんもiPod nanoの使用時にはなかったことなので、極端な話だが、音楽はnanoで、touchはネット端末などとして割り切った使い分けをすることも検討しているぐらい。 

2. 初めてのtouchした感想(きゃっ☆)
まあ同期についてはブーブー言いたいところがあるけどそれ以外については特に文句なし。フリックも遅かれ早かれ慣れる。少なくとも日本語の入力に関してはもうキーボード配列よりこっち。英語での入力に関してはどうしても横持ちでのQWERTYにしてしまうが…。指が細くないので縦持ちだと打ち間違いが4回に1回ぐらい起きちゃうんですよ。
この世代からマルチタスク対応になったということでメモ取りながら別の作業したりとか普段のパソコン的な使い方をしてもそんなに苦労しない。というよりこれまでのiOSがシングルだったのかと思うとゾッとする…
タッチパネル操作に関しては、左右の端での操作などで反応が鈍いことも稀にある。ただしこれが使用しているアプリの問題なのかハードウェアとしての問題なのかは判断しかねるので、まあこんなもんかなと割り切って使う他ない。
iPod機能にあたるMusicについてだが、やはり他所見しながら曲を送れない、音量を調整できないなどやはり専用プレーヤーでない不便さは感じる。また、細かい話だがヒップホップやR&Bなどではすっかりおなじみとなってしまった長い曲名表示、例えば「曲名 [○○ Remix feat. 人名、人名、&人名]」などが横画面にしても表示しきれないものがあるのも不満。後述するプレイリスト編集が便利なだけに、この部分の至らなさが却って目立つ。ここらへんの音楽関連についてはまた何か気がついたら別途書く予定。
各種アプリについてなども気になったことがあればまた別に。まあ、アプリに関しては万単位で存在するし、書き始めたらキリがないもんね。

3. ポケットWiFi
ネット接続に関しては、touch購入の二週間ほど前に契約しておいた、イー・モバイルのポケットWiFi D25HWを常に携帯して使っている。なぜ早めの契約をしたかというと、近場のビック・カメラで9月末までに契約すると、本体は1円、二年間は月々4980円の接続し放題のコース(データプラン×にねんM)が3980円になるキャンペーンをやっていたから^^;
それと、ちょうど同じ頃に発表、発売されたau初のAndroid搭載端末IS01にもやはり二台目の機器として惹かれていたので、先にWiFiの契約しておいてから端末でまたじっくり悩むのもありだろうと思ったから、というのもある。さすがにイー・モバイルのサービス提供エリアぎりぎりアウトぐらいの地域…具体的には岡山のM作方面だが…にちょっとした用事で行った時には圏外となってしまったが、日常的な活動範囲である都内や神奈川などではまず問題なく接続できる。電車に乗る間は地下やトンネルなどに入った時につながらなくなることがあるぐらい。(地下鉄でもホームではもちろんそれなりにつながる)
上り下りのデータ転送スピードに関してはまあこんなもんかな、と割り切れば不満もない。正直なところ、事前に想像していたよりは早いと思ったぐらいだ。もちろんもっと早いモバイルルーターも最近出ているが、どちらかというと月々の料金に魅力を感じたこともあって、しばらくは乗り換えるつもりもない。というより今回安くなった条件の一つが「2年契約」なんだし…。(利用中のサービスの料金プランやコース変更はペナルティーなどなしで可能とのこと) 

4. バッテリー対策
ポケットWiFiのバッテリーに関しては、使わない時には電源を落とす、ということを習慣づけておかないと、早く目盛りが残り一個になる印象を受ける。ただ、目盛りの表示が特殊なようで、ポケットWiFiの画面上の目盛りの単位は全体の20%で一つを表すらしく、携帯電話などの表示と比べると、一つ目の減りが早いように感じてしまう。が実際には不当に減りが早いわけでもないようだ。だから電源は使わない時に落とす、ということさえ徹底していれば、行きと帰りにtwitterや新聞やニュースをチェックして、あとは必要に応じて調べものをしたりする程度の自分の平日の使い方なら、継ぎ足しの充電などなしでも一日は持つ。
バッテリーが心配になるとしたらやはりtouchの方。こちらは動画の閲覧や動きの多いゲームなどをやってしまうとすぐにバッテリーを消費する。そんなわけで、touch導入から4日目ぐらいからはカバンでかさばらないことを条件に考慮した結果として、eneloopのスティックブースターも携帯し始めた。
他のシリーズ製品とは違い、こちらはスリムな外見と引き換えに給電専用となっている。本体に仕込む単三型エネループの充電をすることは出来ないので、自宅にいる間に充電するための充電器が別途必要となる。
また、充電におけるポケットWiFiに関する注意としては、普通の充電対応のUSBケーブルをエネループなどに接続しただけだと、充電しつつWifiで接続をするということが出来ないことだ。(充電してから取り外し、接続させるという使い方になる)ただ、モトローラ社製の携帯電話に接続するための変換アダプタを使うとネット接続と充電が同時に行えるようになっており、自分も念のため購入しておいた。ただ接続も充電も、と一緒にやってしまうと結局キリがなく、充電器側が先にヘタるという事態に陥る可能性もあるため、あまりお薦めはしない。あくまでそういうこともできるよ、というぐらいでいい。

5. カメラ
フロント、リアにカメラが加わったことで、基本的にはiPhone用だった写真用アプリなども使えるようになった。たとえ今のところtouchではイマイチな動きをするアプリがあっても、おそらくアップデートなどである程度の改善がなされることも期待できる。(まだカメラ系アプリは少ししか試していないけどPhotoshopの無料版、ビデオカメラの機能を使ったセカイカメラ、iButterflyなどは普通に出来るのは確認)
ただし、フロントカメラは静止画撮影に関しては70万画素程度のものなので、例えば今すぐに目の前のものをtwitterの自分のfollowerさんたちに見せたい、とりあえずブログにちょろっと写真を載せときたい、といったインスタントな目的用と割り切るべき。美しさよりも速効性、お手軽さを重視すれば、言われるほど悪いものではない。まあファイルが大きくなることがないのでアップロードに時間がかからない、というのも短所から転じた利点といったところか。それに、もし本当に美しい写真をアップロードしたければ、各種モバイルルータを通してEye-Fiメモリーカードに対応したデジカメで撮影したものをアップすればいい。こういった用途、目的別にガジェットを持っていても、WiFiに対応しているものであれば応用が利くことを考えると、モバイルルータ導入の利点は多い。

6. iOS4で追加された、iPod上でのプレイリスト編集
これはtouchに限らずiPhoneやiPadでも共通することだが、自宅でiTunesに接続することができない時でも、プレイリストを新規で作成する、作成済みのプレイリストから曲を減らしたり、追加したり、曲順を変更したりできる、というのは非常に便利。プレイリスト作成自体はこれまでもOn-The-Go機能で出来ないこともなかったが、こちらは追加した順にしか曲は並べられず、変更するにはまずプレイリストを保存する作業をしてからPC、Macに接続して、iTunesと同期した上でそのプレイリストを画面上で編集する、という手間がいちいちかかっていた。それが出先でも色々と変更を加えられるようになっているのだから、本当に楽しい。特に自分は、とある目的でプレイリストを作っては曲の順番をリスト全体の流れに合わせてちょこちょこ微調整したいので、それを外出中でも可能にしてくれたiOSの機能は本当に重宝している。

7. Retinaディスプレイ
どうやらiPhoneよりも視野角が狭いなど若干異なる仕様となっているようですが、PSPほどではないにせよこれだけのサイズの画面で色鮮やかな動画が見られるのは嬉しい。ただnanoで十分だったはずの動画がtouchで見ると粗く見えてしまうので、どうしても好きな動画は高画質なものに交換したくなるという新たな悩みが発生。こりゃエンコードのソフトウェアなどをまた設定し直さないとねー。

8. twitter と月々の料金について
これまでauの数年落ちの古いモデルの携帯電話からやっていたのだが、モデルが古すぎて、au携帯電話に対応したどのtwitterクライアントであっても、起動直後の1回目の書き込みの際に、入力画面を抜けた途端に直前まで入力していた文字がごっそり消えた状態になるという厄介な事態に陥っていた…当然同じ内容を入力し直す必要が出てくる。げんなりだ。 接続時間とパケット通信料によって値段が変わるプランで回線を利用している際にこのタイムロスは致命的。さらにちょっとしたつぶやきでも入力している間に時間が気になってしょうがないから息苦しくてしょうがない^^; そんな状態だったのもあり、結局毎月の上限を超えるパケット通信を行ってしまっていて、携帯電話だけで月々7-8,000円ほど支払っていた。しかもリンク先のサイトは大抵携帯用ではなかったりで表示すらできないのだから本当に割にあっていない。
それが今は、携帯からはメールと通話のみにして、twitterやyoutubeなどのネット利用をすべてtouchからにすることで、携帯側の料金プランを最も安いものにしても月々のパケット通信料の上限を超えることは無くなったので、今は携帯電話だけなら3千円ちょっとで安定。それにポケットWifiの3980円を加えても、携帯電話のみの頃から比べると同じか高くなっても1000円超えるかどうか。あとは実際のポケットWiFiでの通信量などを確認して、コース変更など微調整するのもアリ。2年経ったら1000円上がるけどそれはそれでいいだろうし、それまでにはモバイルルータももっと使用料が安かったり速度が上がっていたりと選択肢も増えていることだろう。今から悩むことではないと思っている。
もちろんtouchのフリック入力にも慣れたし、twitterの使い勝手も各種アプリで大幅に向上した。さらにリンクされたWebサイトも Flashを使ったもの以外なら大抵のところは参照できる上に時間を特に気にすることはないのだから、今回の決断は大正解だったと言える。

9. 現時点でのまとめ
私と同じようにSBのiPhoneへの一本化にはちょっと、と思っていて、若干日々の荷物が増えようとも旧来の携帯電話との二本持ちを考慮されている方は、モバイルルーター+各種Wifi対応ネット端末の組み合わせも選択肢として考えてみてはどうでしょうか。端末の二年縛り等がないのは大きいと思いますよ。

最後に今回の変化に伴い普段持ち運ぶことになったモノの写真を載せておきます。実はモノをいろいろ組み合わせてあれこれ考えるのが好きな人にとっては用途によってアダプタ部分を交換したりそれを探しにお買い物するのが、手間だけどなかなか楽しかったりする。…これって変かな?

左がポケットWiFi D25HW…1円で購入^^;

真ん中上がUSBケーブルに付属のアダプタをいくつかチェーンでつないだもの。各自の他の持ち歩くガジェットによって変わってくるけど、大体1500円前後で買えるはず。下の二つはiPod touchとauの携帯用でケーブルの付属品。
一番上の白いのは上記ポケットWiFiに転用している変換アダプタ(約500円)

右がエネループのスティックブースター。中の単三電池二つとセットで1980円ぐらい。


きっと買っちゃう気がする新型iPod touch

2010.09.02 Thursday | by garahebi
これまで携帯電話はauの数年前の製品一台でやってきたんですが、機種が古すぎてバッテリーの持ちが悪くなったわ、twitter用のサービスとの相性がよくないわでそろそろ何か環境を変える必要があるな、と感じていました。
そこで、普段携帯するネット端末兼メディアプレーヤーとしてiPhone4, SHARPの二台目向けスマートブックIS01、そしてついにカメラが付くと噂されていたiPod touchのどれかにしようと考え、一昨日とりあえずemobileのPocket Wifiを契約しておきました。
とりあえず定額払って使い放題できるデータプランに、キャンペーンを利用して一年間は月3980円で過ごせる。一年後から4980円になるけどそれでも文句はないでしょ^^;

で、さきほどついに発表された新型iPod touchですが
やはりフロント、リアにそれぞれカメラが付き、HD動画の撮影が可能、と旧モデルやiPhoneに飛びつかなくてつくづくよかったと思わせる仕様。こりゃiPod touchですかね。たぶんガラケー持ちでiPhoneをどうすべきか迷っていた人も同じようにポータブルWifiルーター+新iPod touchでいいと考える人は多いと思う。

詳しい仕様などはこちら

それにしてもこのページ、指紋がペタペタ付いてしまうことすら、こうやってデザインに含めることで肯定的な印象を与えることすら狙っていそうなのがスゴイね…^^;

同時に発表されたほかの機種についていうと、nanoは画面表示の向きをタッチパネルでくるくる変えられたりとおもちゃ的で楽しそうだからこれはこれで欲しい。ビデオカメラの機能が省かれちゃったけどまあ、いらないよね。

iTunesの新機能、Pingってのは確かにSNSって感じに近いんだけどtwitter云々よりもLast.fmとかに近いサービスをiTunes内に持つことにした感じでしょうか。バージョンアップ直後って怖いんでしばらくはアップデートせずに様子見が吉かな?
それにしてもアイコンのデザインが一新され、音符の下にあった、CDをイメージしたものがついに消えましたね。時代ってやつでしょう。ちょっとさびしい気もするけどiTunesがフィジカルのCDに固執したままなのもおかしいし。

一夜明けての追記)

iPhone without the phone.

そうプレゼンで表現されていたiPhone touchだが、iPhoneにあってtouchにないものは電話関連の機能だけではないようで…中でも言及されることが多いであろうポイントは、今回追加されたカメラの画素数。背面は動画が1280*720で静止画で960×720ピクセル。全面カメラはVGA画質。5メガピクセルであるiPhoneのそれとはかなり差別化が図られている模様。自分のところの製品でiPhoneを脅かし過ぎないようにするのは当然なんでしょうね。まあ、自分は撮ってすぐにアップロードしてtwitterなどで共有することを考えるとそれぐらいでもいいかな?と思うので、「ないよりマシじゃないか」と捉えています。

べ、べつに強がりで言ってるんじゃないんだからね!

参考)

TechCrunch:
http://jp.techcrunch.com/archives/20100901apple-announces-the-new-ipod-touch-dual-cameras-retina-screen/
http://jp.techcrunch.com/archives/20100901round-up-our-take-on-apples-new-media-devices/

iPhone4ユーザーからすれば興味のそそられないブツでしょうけど、iPhoneを持たざる者で、SBってなんとなくイヤだから電話機能は従来のキャリアの携帯でいいやと考え、
デジカメもふつーに持ち歩く人間からすれば、比較対象ははなからiPhoneではないので、旧モデルと比べればだいぶいいじゃないか、となるわけですよ^^;

ええ、そういうもんなんです


JUGEM、ようやくtwitterへの更新お知らせ機能を追加。(テスト投稿)

2010.06.12 Saturday | by garahebi
今まで手打ちにしていたりログピ側と無理やり連動させていたんですがこれで楽になります。ハッシュタグが自動で追加されるらしいけどどうなんだろう?

お知らせ

2010.02.21 Sunday | by garahebi
これまで当ブログではスパム対策として下ネタ系、2ch系スラングなどのキーワードを指定しておき、それに引っかかった場合は、コメントなどを書き込めないようにしていました。ただ、さすがにそれによって悪意のない方からの書き込みまで弾いていることがあるのもまずいな、と思いましたんでキーワードの類を規制しないようにしました。

その代わりに、コメントを書き込んでいただいてもすぐには表示されないようにしました。いわゆる「承認制」の採用です。別に上から目線でこの人のは表示せんとこうとかいう話ではもちろんありません。すべては業者対策です。業者側として一番イタイのはリンクなどに引き込めないことでしょうから…

このせいで今度はどんな人でもコメントが表示されるまで時間がかかるようになってしまいますが、かなり長いこと考えた末に、書き込めないよりはベターなのではないかと判断しての処置です。

今さらで申し訳ございませんが、ご了承いただければ幸いです。

これからもよろしくお願いいたします。m(__)m

管理人: garahebi (garaheavy / 雅楽蛇)

Sponsored links
Blog Rankings
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
↑ブログランキングに参加中です。応援の意味で一日一回どれかクリックしていただくと嬉しいです。下の四つはボタンに書いてあるカテゴリの別ブログのリンク集に行けますよん。でもたまには帰ってきてね☆
         
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM