Skillzの次回作からの新曲が早くも登場。

2012.01.17 Tuesday | by garahebi
毎年末の恒例企画の最新版、Rap Up 2011も記憶に新しいSkillzですが、
今朝、新作Thoughts Become Thingsからの楽曲をSoundcloudで発表。
彼の敬愛するLL Cool Jにも通じるところのあるラブソング。
まんまR&Bなコーラスも気持ちいいですね。歌っているのはE. Pennという人。
情報が少なすぎてどんな人かはまだちょっと謎ですけどいい声です。

相変わらずSkillzの参加シンガーを選ぶ耳は確か。

With You by SkillzVa

注目すべきはプロデュースが自身と、Sound Hであること。
つまり昨年のThe World Needs More Skillzに近い布陣が
継続されるかどうかは判りませんが、彼が参加するということは、
以前、別枠でご紹介した女性シンガー、ShAY*Sound Hと一緒に
レコーディングに参加した曲もSkillzの新作に含まれる可能性が
高くなったと考えていいかもしれませんね。

そして、奇しくも今日、そんな彼女も自身の新曲のレコーディングに臨んだ模様。
ただこの曲に関しては、レコーディングの直前までスタッフたちと一緒に、
オリジナルのトラックにするかNasのある曲のトラックをジャックするか悩んでいたようで、
参考までに、とフォロワーにどっちにすればいいのかtwitterで尋ねていました。

曰く、どちらも同じぐらいdopeな出来だそうで…

自分はとりあえず、せっかくそこまで言えるほどいい出来のオリジナルのトラックがあるなら
そちらを没にするのは勿体ないだろうということでオリジナルを推してみました。

その結果、どうやら他の人も結構オリジナルを推したようで、オリジナルトラックでの
レコーディングをすることになったようです。

ちなみにそのオリジナルを推した際に、Nasのトラックを使うアイディアは、
たとえば後から同曲のリミックスを作るとき等のためにとっておいたら?と言い添えて
おいたんですが、そのことについてはなんと「そうするー!」と直で返答が。ああビックリ。

まあ、元から構想にあった路線で、とりあえずファンにも尋ねてみるか、という意味も
あったんでしょうけど、実際に以前ご紹介したKeep Your Headではオリジナルの歌メロが
やたらと大ネタ使いにハマっていた彼女だけに、そのリミックスもNasのどの曲をどう使って
仕上げてくるのか大いに楽しみです。

Hip Hop Confessions、次はNaughty By Natureがゲスト!?

2011.03.26 Saturday | by garahebi
昨年の最新作のリリース以降、すっかりHip Hop Confessionsのシリーズは
ほったらかしだったSkillzでしたが、オリジナルメンバーが再結集して復活の機運が高まる
Naughty By Natureのアカウント(書いてるのは主にVin)から次のような発表。

ヒップホップ界のアイコンの一人、Skillzと一緒にHip Hop Confessionsの撮影をしたぜ!」

こりゃすごい。ゲストからヒップホップにまつわる恥ずかしい過去を聞きだすこのシリーズだけに
NBNからは相当おもしろい話が飛び出すことは間違いないでしょう。

HHC自体が久しぶりだった分、余計に期待は高まります。

Skillz、HHCに関する当ブログの過去記事はこちらから辿ってみてください。


Skillz、毎年恒例だったRap Upを「今年はやらない」

2010.11.14 Sunday | by garahebi
以前、2009年版やiTunesでも購入できる過去のバージョンをご紹介した、Skillzのラップで年間の芸能・政治などの出来事をつづっていくRap Upシリーズですが、Skillzは「気分じゃない」ということで今年はやらないと決めた模様。
世界中の多くのヒップホップ・ファンが、これを聴かなきゃ年を越せないと待ち望んでいる恒例イベントだっただけに、悲しむ声が続々と上がっているようです。なにより混乱してしまうのは「もうそんな気分じゃない」といいつつ「今年は」と言っていることなんですが…

まあ、一応「今年は」ってことなんで2011バージョンはやるかもしれませんし、なにより次に出るアルバムの方には期待しましよう。

ちなみに、このニュースを知って自分のバージョンを作っちゃおうとか思い始めてるラッパーがいたら「やるなや」(原文の表現はもうちょい過激)だそうです。どんなだよ^^;
------------------------------------

以前のものを含めたSkillz関連の記事はこちらからどうぞ。
カテゴリー: Skillz (Mad Skillz)

Hip Hop Confessions #6

2010.06.19 Saturday | by garahebi
今回のゲストはPeanut Butter WolfQ-Tip。だんだん豪華になっているような^^;
(かなり前のことですが、SkillzQ-Tipに憧れてラッパーになったとかtweetしてました)

一番手のPeanut Butter Wolfは、若かりし頃、ビースティー・ボーイズのライブで自分の作ったビートの入ったデモテープを聴いてもらおうと、自分の写真と連絡先の入った手紙を添えてステージに投げ込んだという思い出話。

二番手はQ-TipDe La Soulのデビューアルバムのレコーディングのときに居合わせたBiz Markieと二人になったときの話。今度出す曲としてビートとアイディアを聞かされたQ-Tip。その曲があのJust A Friendの原型。なんとBizは例のフックではもともと"Oh baby you, must be on speeeeeed♪"と歌うつもりだったらしい!「あんた、スピードやってんだろ?」ってそんな曲ヤバすぎて売れないよ(笑)やめさせたQ-Tipはエラかった!

デモテープ繋がりってわけでしょうか、ホストのSkillzは、Mad Skillz名義でのデビューアルバムFrom Where???製作時のJay Dee a.k.a. J-Dillaにまつわる秘話。なんと渡されたテープに入っていたビートでSkillzが採用を見送ったものが、後にあのThe Pharcydeの2nd, Labcabincaliforniaに収録されたRunnin'DropSomethin' That Means Somethin'になったという…これは面白い裏話!(で代わりにFrom Where???に収録されたのがIt's Goin' DownThe Jamの二曲)

今回は三人ともJay Deeと縁のあった人たちばかりなのもあって、最後はSkillzのいい話で終わりましたがこの映像の終わり方は同じ面子での続編があるんじゃないか?という期待もしてしまいます。

Skillz presents...Hip Hop Confessions #5

2010.05.17 Monday | by garahebi
またかなり間隔が開きましたが来ましたね、最新エピソード。

Skillz presents: Hip-Hop Confessions ep. 5 from Visually Inklined on Vimeo.


今回のゲストはBad Boy RecordsのThe HitmenからDeric "D-Dot" Angelettie (以下D-Dot)、Sean CLVGrind Music)の三人と、Young Gunzの片割れYoung Chris

一発目はSean C
なんと画面向かって右隣に座るD-Dotがプロデュースした、Puff Daddy & The Family1996年を代表する大ヒット、It's All About Benjamins (Remix)について「初めて聴いたとき気に入らなかったんだよなー」と告白。すげー。本人がいる前で作品について好きじゃなかったとか言うパターンは初めてだ。しかも当時、すでにお互いに面識があったというから面白い。(後からちゃんとフォローもしてるけどね^^;)

二番手はそのD-Dotで、MaseFeel So Goodの制作に関して。

あのKool & The GangHollywood Swingingのホーンを使ったイントロのアイディア元が、2 Pac追悼バージョンも熱い、DJ KoolLet Me Clear My Thoughtだったことを告白。懐かしー。
当時すでに知られていた曲だったことなどを恐れて、最初はそのアイディア(Puff Daddyが提案)には乗り気でなかった、トラックだけの状態だとワックな気がした、みたいな感じで語っています。
Kelly Priceがフックを歌い、Maseがラップして結果的にはホットなものになったよ、と言ってますが、そんなテキトーな流れだったのか、と唖然。というかPuffのやったことってBlack StarChildren's Storyで揶揄されていたことのまんまな気がする…

三番目はYoung Chris (Young Gunz)。元UGKの故Pimp Cは、生前仲のいい友達だったんだよ、Rest In Peaceとか言いつつも実はUGKのアルバムは一枚も持っていない、と発言…
だって俺はまだ若かったから、と自分のステージネームにかけた苦しい弁明。えー。

四番目はLVで、Remy Maのアルバムを手がけた際の話。軽く挨拶しようとしたらうっかり唇にキスしてしまったとか。Remy Maなぁ…個人的には全然うらやましくないかなぁw 「舌は?舌は入れたの?」とか訊くYoung Chrisは面白いですが。

で、五番目はホストのSkillz、と思いきやSkillzSean Cに質問。Ghostface Killahのヒット曲のひとつ、Chechez La Ghostのフックについて。歌の途中でSean Cの名前も出てくるんですよね。これはまあ、結局このフックを歌った女性シンガーに関する契約の話とかになっちゃうんですが…うーん。^^;
フォローするように最後にSkillzが「で、唇にキスしたんだろ?」とか一個前のネタを被せて終了。

---------------------------------------------------------------------------
今回はなんといっても同じThe Hitmenのチーム内での爆弾発言という意味で、最初の二つが聞けてよかったなと思いますね。かたやYoung Chrisの「実は俺、誰々のアルバム持っていない」系は定番ネタになってきた感もありますね。

Sponsored links
Blog Rankings
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
↑ブログランキングに参加中です。応援の意味で一日一回どれかクリックしていただくと嬉しいです。下の四つはボタンに書いてあるカテゴリの別ブログのリンク集に行けますよん。でもたまには帰ってきてね☆
         
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM