【ネタ】 上級者向けすぎるGoogle検索。

2011.09.13 Tuesday | by garahebi

"北川悦吏子ツイッター発言で炎上 「使えるくらいでエラいと思うな」"

2010.04.17 Saturday | by garahebi
北川悦吏子ツイッター発言で炎上 「使えるくらいでエラいと思うな」 (1/2) : J-CASTニュース

何が驚くって小説でもマンガでも題材するものに関しては十分な取材をしてから書くものだろうに、この人はそれすらも怠り、挙句の果てには使えなくて何が悪い、ぐらいの勢いで開き直っていることだ。

twitterがどうこうではない。まずはプロ意識が足りない。おそらくこれまでも取りまきからちやほやされ、ブロックしてもらって視聴者らによる悪い評判に耳を傾けたことがないのではないか?要するにこのオバちゃん、中身がガキなのだ。(ガキといってもネットの活用に長けている世代の子供たちは指さない)

twitterを使っていてつくづく思うことはネットリテラシーがまず必要であることから、ある程度の知識と文章を書く際の気配り、それとちょっとした大人目線でのユーモアのセンスとノイズのスルー力が求められる世界だな、ということだ。この感覚は使いながらだんだんと身についてくることだが、感覚としてはインターネットが普及した時のBBSへの書き込みや、自分のブログに書くのを憶えていく過程によく似ている。

誰もが初心者から始まる。それは間違いない。
初心者で何をすればいいのかわからなければ、書籍・WebなどでHow Toの知識を得ようとする、あるいは最近増え始めた多くの有名人がやっているように、フォローしてくれた不特定多数の人に教わるのが近道だろう。ところが、この人はそれすらもろくに出来ていないのにドラマの題材にして脚本を書くという無謀なことをやっている。

スキーの滑り方もろくに知らないのに、最近見た五輪にあてられて最先端のウェア、板を持って、コネでプロのモーグルの大会に飛び入り参加させてもらって、派手にすっ転んだ上で
「スキーが出来るぐらいでえらいと思うなよ!」
とコースの真ん中で喚いているようなものである。

「あの人金もコネもあるけどバカだよね」と遠くからつぶやかれて終わりだろう。

何よりも痛々しいのは、彼女に向けられる批判などのコメントの性質が、無記名で済ませられることが多い2ちゃんねるなどと同じもんだと認識しているところだろう。twitterは、基本的に例え本名でない名前を設定しても、アカウントを持つ時点でそのユーザーには一つのアイデンティティが備わる。本名のユーザーも意外と多い。不特定ではなく、匿名性もさほど高くないのだ。一つの発言からたどって各自の「ホーム」にいけるのだから、どれも「特定のひとり」としての発言になる。だから自然と誹謗も中傷もしにくいシステムといえるのだが、それでも敢えてそういった言葉を投げかけたとすれば、その人は相手を傷つける、あるいはそれを観ているフォロワーからそっぽを向かれる、反論が来るかもしれないことを承知で発言しているわけだ。

twitterでの批判や意見などは、無口な傍観者よりもよっぽど正面から向き合ってくれているのではないだろうか。少なくともブログや2ちゃんねるにおける匿名、無記名での書き逃げなんかよりはよっぽど読む価値があるはずだ。

ところが北川大先生はその発言主から背を向け、ブログに引っ込むと宣言したという。ここでのブログとはアメブロの彼女のブログのことだろう。ちなみにアメーバブログってのは有名人に対してのちやほやサービスがすさまじい。何しろ有名人が使ってますよ、というのが売りなのだから。(それがどの程度の効果があるかは知ったこっちゃない)
とにかく一般的なブログのイメージとはかなり違うのだが、その認識もないのだろう。一般人がブログを使う上でのメリット、リスク、そこにあるトラブルの数々に関するリアリティーも知らない人間がtwitterのシステムを理解できるわけがない。
Web上に限らず、特権を当然のものと認識してぬくぬくと暮らしている人間に市井の人たちの共感を得られるようなWebサービスを媒介とした恋愛事情なんか書けるわけがない。ストーリーラインやキャラクターには視聴者の現実逃避のためにもファンタジーはある程度必要なのかもしれないが、小道具や環境にはそれなりのリアリティーが必要なのだが…
----------------------------------------------------------------------------------
さて、件のドラマは第一回を拝見したのだが、どこかで見たような古臭い要素のツギハギばかりでとても観られたもんじゃなかった。twitterの要素も少ない上にそれを抜きにしたドラマとして観ても面白くない。新しいものを取り上げてますよ感を打ち出しておいて、結局ブレーンの感覚が古臭いものであることを改めて露呈した恥ずかしい作品として記憶されるだろう。いや、記憶に残るだけましだろうか。なんにせよ渡辺えりと玉鉄のあのシーンは深夜でも流すもんじゃないだろう。それを平然とあの枠でやってしまうところにドラマ制作者のモラルの低さを感じる。最悪だ。

実際、視聴率はあの時間帯としては低めの11.9%となったようだ。連続ドラマの第一回って普通は高いところから始まってだんだん落ち着き、最終回に 向かってまた上がると聞いたことがあるんだが高くてこれってのはなかなかのもんだろう。だいたい、この時間帯におけるtwitterユーザー自体の注目度は他のドラマの比ではなくかなりの人が観ながらつぶやく「実況」をやっていた。それでこの数字とは…。
-----------------------------------------------------------------------------------
聞くところによると、アレを観てtwitter「ついったー」を出会い系かお見合いシステムであるかのように勘違いし始める年配の人たちがいるらしい。また、ドラマを見てtwitterを始める人が増えるのは結構だが、その始めたばかりの人を狙ったような業者アカウントも増えているようだ。これは迷惑。

ドラマを見て始めた人たちには、どうかじっくりと腰をすえて少しずつ面白いところ、悪いところを発見しつつ楽しんでいただきたいものです。

参考までに
・北川氏のつぶやきのまとめとtwitterユーザーの反応
はてブでのこのソースに関する反応

出てました

2009.08.03 Monday | by garahebi
090803_2147~0001.jpg
FAMOSO第2弾。01も復刻版で出てます。お早めにー。
ちょ、書道家…小学生かよw

John LegendのツアーTシャツが気持ち悪い件

2009.05.13 Wednesday | by garahebi
Springroove09の会場で買ったんです。
お店の奥の方につるしてあったのを色とかだけでなんとなく。
遠目からはアルバムのEVOLVERって文字が書いてあるんだろうなって
ぐらいしか分からなかったんですが…

裏。ツアーの会場名とか。まあ普通ですよね。


                     ↓
表。ん??


                        ↓



ぎゃぁぁぁぁあああああ。こりゃインナーとしてしか着れないかも。

新説桃太郎

2009.05.03 Sunday | by garahebi

ただいま帰りました。
 
帰宅してすぐのエントリーが音楽関連でなくネタ投稿という
相変わらずの駄目な感じで再開です。
本日帰り際に岡山駅前で撮影。
この瞬間を逃すまい、と他の人も何組かが群がり
ちょっとした桃太郎さん撮影会になってました。
暗くなってて見づらいと思いますが桃太郎の左足の
右下のあたりにも一羽います。クルックー。

JUGEMテーマ:日記・一般

Sponsored links
Blog Rankings
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
↑ブログランキングに参加中です。応援の意味で一日一回どれかクリックしていただくと嬉しいです。下の四つはボタンに書いてあるカテゴリの別ブログのリンク集に行けますよん。でもたまには帰ってきてね☆
         
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM